特養面接目前に、インフルになる。

日曜日やっと以前から申し込んでいた特養の一つから電話があり
21日(金)に面接をすることになった。ヤッター!!\(^o^)/

新しく出来た特養からなかなか連絡がないので、気落ちしていたので
とても嬉しくて、先が見えない気持ちに光が見えたようでした。

ところが、昨日のお昼前にデイの看護師さんから電話で母の様子と熱が37.5度くらいある
と伝えてきました。
どうやら、お隣の仲良くしている方がインフルに掛ったそうで、移ったかも知れないと
もう少し様子を見てまた電話をくれるとの事。 嫌な予感。。。。

その後3時ごろ熱が39.8度まで上がってしまって、病院にデイの車で送ると言うのです。
私も急いで支度をして、始めに病院にその旨を電話すると、テープの音声ガイド
っそうかっ今日は午前中のみの診察だった
結局自宅に送ってもらったのはいいけれど

熱の為手足は震え、階段が上がれない
女3人がかりで、やっとのことで4階まで上げベットに乗せました。

明日一番で病院に連れて行行くのだが、もし痙攣など様態が見られたら
救急車を呼ぶようにと、看護師に言われました。

そして今朝病院に行ったら、やっぱりA型だった。
タミフル&その他沢山の薬を貰って帰宅

一応面接予定の特養にも電話して、インフるのことを伝えました。

今は特養の担当者からの電話待ち
金曜までには何とかよくなるといいのだけど、もしかしたら、私も移ったかもしれない
母はしばらくデイはお休みです。

一昨年私がインフルになった時も、這ってでも母の食事の支度やおむつ替えもしなくちゃならなかった。
本当に辛かったけど、介護は待ってはくれない。

それにしても面接どうなっちゃうのだろう。。。。早く担当の方から電話ないかしら、、気持ちが落ち着かないなぁ。。。。


にほんブログ村

母と一緒に滑り、ふすまに突っ込む

先日デイから帰宅した母、いつもの様に玄関の手すりにつかまり
靴を脱ぎ、フローリングの床に上りました。
私は、母のバッグを持ち上げると同時に母を見ると、何を思ったのか手すりから
手を放し歩き出したと思った、らくるりと向きを変えよろよろとして滑り転んでしまいました。

なにやってるの~  大丈夫?
と母を起そうとした私、母を途中まで起こしたと思ったら
今度は私が滑り 母と一緒に行きよいよくふすまに頭をつこみました

ど~ん!ともの凄い音とともに
ふすまの下が溝から外れてしまっていました。

気を取り直して、母を部屋に入れようと思ったら
外れたふすまが、なかなか戻らないし
私は、右腕を打ったのか傷く手のコウが翌日腫れてしまっていました。
翌日着替えの時母の腕には、私の手のとうりの大きなアザが出来てしまいました。

アザが出来るとその理由をデイの連絡帳に記入しないといけません
でも理由のわからないアザも出来ていたりもするし。。。
アザが出来ると気が重くなります。
アザって日にちがたつにつれて広がるから、本人は痛くなくても
見た目が痛々しい。

とにかく、滑り止めの為ピタッと貼れるタイプのタイルカーペットをオーダーしました。
これなら、何とか滑らなそうですが、手すりまで2~3歩
もう一つ手すりも付けたほうが良いかなぁ~

私でさえ年々体力無くなったとなぁ。。と思いますが
益々足元のおぼつかない母、それでも4階まで頑張って昇り降りしてくれています。

老々介護で、苦戦されている方多いのでしょうね。。そして増えて行くのでしょうね



にほんブログ村

そうやって年寄りは騙されると、娘に注意された。

先日夕方母のおむつ替えをしているときに、電話が鳴った。
その前にもヒツウチで電話が鳴ったけど出なかった
母の部屋の側だったので、子機で暗くて表示が見えなく息を切らして
急いで出ても無言。。。。(これには腹がたつ)本当に迷惑だ

母を寝かして、ほっとしている所に今度は0120の番号で掛かってきた
頭では、セールスコールと分かっていたのに、受けてしまった(あちゃー!)
案の定、今よくあるヒツウチの後のフレッツ光のコラボ○○であった。
ヒツウチの後は決まってこの手の勧誘です。(分かっていたのに)

いつもこの手の電話の時は断って切っていたのに、魔がさしたのか出てしまい
担当のオペレーターの女性が不慣れで、つっかえながら一生けんめいの説明になぜか気持ちが
動かされたと言うか。。。。。。
最後には転用番号承諾まで教えてしまうと言う流れに乗ってしまいました。(;д;)

電話を切った後に、冷静に考えると、いったい確実に幾ら安くなるとか
その会社の事も分からないではないですか。。。自分でも呆れます。
検索して調べると、もう結局不安ばかり募るので翌日キャンセルをすることにしました。

NTTに電話したり、転用承諾番号とやらの事を検索したり、NTTに教えてもらった
申し込んだその本社にキャンセルの電話を入れました。
翌日直ぐのキャンセルだったので、まだ何も申し込みの受付にもなっていませんでした。
その場でキャンセルをお願いしました。
念には念で、申し込んだ直接の会社に電話と文書にてキャンセルを伝える等
もう翌日のほとんどの時間を費やすると言う、本当に疲れた一日でした。

本当にバカなことしてしまったと思っていますが、娘にそのことを話すと
「駄目だよお母さん!自分から良く調べて納得してこちらから申し込しこまないと駄目
向こうから来たものは、受けてはだめだよ!!
幾らそのセールスの人が、優しそうで一生けんめいでも!。。そうやって年寄りは騙されると

強く念をおされました。

まっ、お金をだまし取られたわけでもないので、良い勉強代の一日と思う事にしました。


にほんブログ村

二回目の月命日。。。春

今日はスパーキーの月命日。
とても早く感じる。。。
その反面、悲しみが薄れる速度は遅いものです。

我が家の側には小学校と中学校が近く、通学路をこども達が朝は集団登校
帰りは皆朝より元気に友達とふざけながらとか、大きな声でおしゃべりしながら
にぎやかに、下校して来る。

先日春休みにはいったのか、中学生の男子数人が何かの約束をしていたのか集まっていた
その脇を散歩に出た私が坂道を降って行く途中、自転車でさっきの中学生のひとりが
♪スキマスイッチの奏で♪ をやや大きめな声で歌いながら降りて通り過ぎていきました。

とても、ウキウキしている感じでが伝わってきて、なんだか春を感じてしました。

KIF_0897.jpg

家の近くのお花見スポットに今年もスパーキーとお花見に行きたかったなぁ。。。

今年もつぼみの内から綿あめや、フランクフルト、射的 等々の露店がずらっと出ていました。
いつも焼きイカや、焼きそばの匂いにつられ、鼻を上に向けクンクンしていたスパーキー 楽しかったね。

hanami.jpg
(これは何年か前の満開時)

今日はとても寒いけど、季節は巡り今年も違う春がきました。


にほんブログ村

ホームセンターで、改めて考えさせられた事

今日は家から二駅先のホームセンターに行ってみた。
一駅先までは、スパーキーと歩いてみたことがあったけど、その先はまだ歩いては
行ったことがなかった。

そこでは、0.7㎜の皿ネジと、オイルステインが欲しくて行ってみました。

地下にはペット生体&グッツ販売コーナー
私はもう自分の歳の事もあり、ワンコやニャンコは絶対飼わないと決めている
でも、動物好きの私の脚は自然に地下へ

エスカレートを降りて、最初に目に入った水槽。。。アクワリュームがあり癒される。
次に目に入ったのが、金魚ピンポンパールというまん丸の金魚。。。。。かわいい~!
私は初めて見た。ピンポンというようにピンポン玉のようでもある

mig.jpg
matome.never.jp

ピンポン玉にひれや尾ひれが付いて、一生けんめい泳いで居る様で、可愛くて
しばらくじっと足を止めて見入ってしまいました。

次は鳥のコーナーで部屋に入るなり色々な鳴き声で、歓迎してくれました
中でも姫うずら、野生の鳴き声というか。。。これまた飼いたくなりました。

そしてワンにゃんコーナー。  
ガラスケース内で寝ていたり、紐を噛んでいる子

その価格もなんと40万とか  セール価格7万だとか。。。命にお値段が

40万のフレブルの多分8週目位のコは横になって寝ていたけどその子を見ていて、
このコを繁殖させられたお母さんワンコの事を考えないわけにはいきませんでした。

私の娘が引き取ったフレブレのコは、繁殖に使われ、子宮蓄膿症になりゴミの様に捨てられたコでした
どんなになれてきても、始めの頃は、お腹を触られるのを嫌がりました
たぶん痛い目に散々あって来たのでしょう。。。
でも最後には自分からお腹を出して、撫でて~っと来るまでになりました。
お星さまになった今も、そばにいる気がしているようです。

生体販売には、私的には絶対反対です。
パピーファクトリーなんていう言葉には寒気がします。
命に価格を付ける。。。40万のコと保健所で死の期限を待つコの命の違いって、いったい。。。。

改めて考えさせられる一日でした。


にほんブログ村
プロフィール

ak-joyful

Author:ak-joyful
動物好きDIYも好き、
ハンドメードも、たまに作ります。
只今、一人で認知症の母の介護に奮闘中


minneに出店中
https://minne.com/momoko117
焼き絵オーダー受付中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる